HOME施工実績外構 >バリアフリー 庭に踏み台を造作 屋外手すりも併設 市川市

バリアフリー 庭に踏み台を造作 屋外手すりも併設 市川市

今までぬれ縁から地面まで1段だった段差を半分の2段に分け、通行に障害にならない位置に手すりを取り付けました。

建物

木造戸建て

施工金額

15万

担当者名

水口 拓也

庭 施工後

before

庭 施工前

→

 

庭へ出て花木を眺めるのが大好きなお客様。
ただ、高齢で足が不自由なため、庭へ出る際には、体を後ろ向きにして、膝を立て、四つん這いになりながら段差を下りる、という現状です。
日本の建築基準法では、地面と建物の床面が45cm以上と定められているため
こういった状況が起こりやすいのは無理もありません。

after

庭 施工後

今までぬれ縁から地面まで1段だった段差を半分の2段に分け、通行に障害にならない位置に手すりを取り付けました。

【改善点】

①段差一つ分は約19cm、手すりを使って無理なく昇り降りできます。
②手すりはアルミを樹脂で被覆したもの。冬の寒い日でも冷たくならず、真夏の日光でも熱くなりません。

着工前

【着工前】

ぬれ縁から地面への段差は40cm!
足の弱ったおばあちゃまには危険でした。

着工後

【手すり支柱埋め込み】

固定する面が土なので、「ピンコロ」と呼ばれる石材とコンクリートを使って固定します。

塗料

【材木塗装】

オイルステン塗料を使って、
あらかじめ材料に色を付けておきます

取付け

【取り付け】

中心にあるのは「水平器」。
その名にあるとおり、水平を測る工具です。

完成

 

 【完成・詳細】

一段は19cm、
無理なく昇り降りできます。

詳細

【完成・詳細】

室内側から見た様子。
お庭に出る機会が増えそうですね。