HOME > リフォームの費用

リフォームの費用

やっぱり気になるお金の問題

リフォーム計画に向けて家族みんなで盛り上がっているところだと思いますが、お金の話をしようと思います。リフォームは、長年住み続ける「家」を新しくする作業です。大切な家だけに、リフォームに掛かる費用は大きなものになります。

「キッチンは対面式にして広々と使いたい」、「リビングに友達を呼べるちょっとしたお茶会スペースがあったらいいな」、「足が伸ばせてリラックス!美容と健康のバスタイムにしたい」さまざまなリフォームを計画してワクワク。今すぐにでもリフォーム会社と契約を結んでしまいたい衝動に駆られてはいませんか?先走る気持ちを少し抑えて、リフォームには一体いくらくらい掛かるのかを考えてみましょう。

リフォーム費用は「材料費+工事費」

工事の規模や家の状態によって変わる費用

キッチンやトイレなどの住宅設備や、木材、床や壁に使う材料など、リフォームに必要となる材料の費用と、工事を行うスタッフの人件費が基本的なリフォーム費用になります。リフォームに掛かる費用は、工事の規模や築年数、使用する材料などによって変わってきます。

スタートは予算を考えるところから

そのため、やはり見積もりを出してもらわないと、最終的な細かい費用がわかりません。いくらくらい掛かるのかという見積もりを取るためにも、まずはリフォーム会社に相談してみる必要があります。しかし「お金のことは見積もりが出てから考えればいい」などと思ってはいけません。リフォーム会社に相談する前に、だいたいの予算を出しておくことが重要です。予算が決まってない状態でリフォーム会社に相談することはオススメしません。

「どこまでなら可能か」というラインが全く見えないと、リフォーム会社も何をどうアドバイスしたらいいのかわからず、困ってしまいます。まずはひと呼吸おいて、いま現在の経済状況、予測できる今後の出費、ローン返済期間、貯蓄状況などを見直してみましょう。

よく検討して予算を出さないと、将来子供の進学費用が工面できなくなったり、急なイベントや家族の怪我・病気に対応できなくなってしまいます。検討の結果、リフォーム時期の調整が必要になってくることもあります。

こんな落とし穴!リフォーム以外の諸費用に注意

リフォームの予算を立てるとき、見落としがちな諸々の費用。リフォームすることだけに目がいっていると、工事を開始してからやリフォーム完成後などに、思わぬ出費に頭を抱えることになります。

リフォームをする際、もともとの家がどのくらい老朽しているかは、専門家でも判断が難しいといいます。解体作業をはじめてから、補強が必要だとわかるケースも多くあります。そのため、ギリギリの予算を立ててしまうと、対応ができなくなってしまう可能性もでてきます。予算はゆとりを持って無理のないプランを考えることが大切です。

全面的なリフォームを行う場合、工事中の住居をどうするかも考えておく必要があります。もし一時的に住居を移すのであれば、その引越し費用も忘れずに。

また、リフォーム後は新しくなった空間を前に、家具やインテリアを新調したり、カーテンや雑貨などを買い揃えたくなるものです。お金がないから…と妥協して買い物をすることにならないよう、その分の費用はあらかじめ確保しておきましょう。

その他にも、税金や保険料、電気・ガス・水道工事などの費用が掛かってくる場合もあります。リフォーム以外の諸費用がいくらくらいになるのか、リフォーム会社に一度相談してみるのもいいかもしれません。

お金のトラブルを起こさないために

契約内容は念入りにチェック!

リフォームは大きなお金が動きます。そのため、ちょっとした誤解によって、思わぬ事態を引き起こしてしまう可能性もあります。見積もり段階と契約時で掛かる費用が違っていたり、口答で確認した注文内容が書面では異なっていたり。

小さなミスでも、お金に換算すると何十万、ひどいときには何百万と、予想外のお金が出ていってしまいます。リフォーム会社と打ち合わせをするときは、慎重に物事を進めていくようにしましょう。

また、「言った言わない」の問題にもなるので、口約束はしないようにしましょう。もし口約束をしてしまっても、その後にしっかりと書面上で約束を交わすことが大切です。

こんなときは要注意!

極端にリフォーム価格が安い場合は要注意です。リフォームは高い買い物なので、少しでも費用を抑えたいところですが、お金が掛かるにはそれなりの理由があります。

生活にも子どもにも優しい自然素材、長く暮らしていくに耐えられる材料や設備、こうしたい!を叶えることができるデザイナー、丁寧な工事を行うことができる職人。期待を裏切らないリフォームには、費用に相応した人や物が関わっているのです。

そのため、目を見張るほどの低価格を謳い、質問もうまい具合にはぐらかされてしまうような場合には、より慎重に検討するようにしましょう。要注意のリフォーム会社の場合、見積書の明細もアバウトに記載されている場合が多いようです。

また、メリットばかりを主張して、デメリットは一切ないかのように振舞うリフォーム会社も気をつける必要があります。よいリフォーム会社というのは、メリットはメリットとして挙げ、デメリットも同様に提示してくれます。

よい面も悪い面も包み隠さずに教えてくれるリフォーム会社は、その後リフォームが済んでも、信頼できる心強い味方になってくれると思います。