HOME外壁塗装工事日誌外壁塗装工事日誌 >サイディングの場合の塗装方法

サイディングの場合の塗装方法

今回は、窯業サイディングの場合の塗装方法をご説明させて頂きます。

窯業サイディングの場合 サイディング板の浮いてる部分を下地めがけてビス止めします。 中に防水シートはあるのですが、窓まわりジョイント部のシーリングに隙間が開いていると、雨漏れや下地サイディングの腐食につながる場合があります。 悪い箇所は撤去し奥までシーリング剤を注入することが大切です。 また、水の抜ける箇所(土台水切り等)はふさいではいけない箇所もあります。 シーリング剤は、ノンプリードシーリング剤を使用しないとシーリングの中から可塑剤(材質…軟質塩ビ系)が新しく塗った塗料の表面に出てきて汚れが付着してしまいます。 サイディングの模様によりますが目地(へこんでいる部分)と表面の出ている部分で2色に色分けすることも可能です。 1階部のみ、ベランダ壁のみ、全体とお好みで施工できます。 また、窯業サイディングに弾性塗料を塗ると膨れて剥がれてくる場合があります。 下塗りなし上塗り2回でぬれる塗料もありますが、サイディングの状態がよい場合のみで基本的に専用下塗り塗料を塗り上塗り2回、計8回塗りをお薦めいたします。